Photoshopを2クリックで英語化

Automatorを利用して、Photoshop日本語版と英語版を2クリックで使い分ける方法。

Photoshopを2クリックで英語化

この画像通りに設定すれば準備完了です。※アプリのインストール先がデフォルト設定で無い場合は、画像の内容を変更して対応ください。

 

PSを英語化する意味

これを読んでいる人はきっと日本語版のPhotoshopを使っているかと思います。その場合、日本語で起動させるためのファイルというものがあることはご存知でしょうか?
そもそも英語化する必要あるの?と思ってしまう人には不必要な情報になってしまいますが、興味のある人は海外サイトからフリーActionをダウンロードして試してみて下さい。どうなるかを先に説明しておくと、日本語だとエラーになってしまい使えないんです。

AutomatorでPSの言語設定ファイルを動かすだけ

デフォルトでPSをインストールした場合には画像一番上の欄にあるように、アプリケーションフォルダにあるPSフォルダ内の[Locales]→[ja_JP]→[Support Files]→【tw10428.dat】というファイルがそれになります。PSを英語化するためには、PS起動前にこのファイルを他の場所へ移動してしまえば良いんです。そうすれば自動的にPS英語版が起動します。そして、次回起動する時は日本語になるように、PS英語版を起動した後、さっき移動したファイル【tw10428.dat】を元の場所に戻すよう指定します。この一連の流れを汲んだ物をPS英語版、インストールしたままのものをPS日本語版として2個並べておけば必要に応じて好きな方を起動させることが出来るようになります。

※他のパソコンで試したことがないので、もしかしたら全然違う設定になる可能性は否めません。もし自分ではわからず設定を知る必要があるという人は聞いてくれたら出来る範囲で対応します。簡単なのですぐにわかると思いますが。。

こういう形で使い分られるようになります

こういう形で使い分られるようになります