Money Maker

レザー製ハーネスカメラストラップはこれで決まり。DIY記事も紹介。

Holdfast Money Maker

Holdfast MoneyMaker

 
 
 

海外のウェディング・フォトグラファー御用達

このストラップを使うようになるまではクライミング・ロープを加工したものを使っていました。今でも普段はそのストラップを使っているのですが、2台持ちをする際にはハーネスタイプが最適です。
ハーネスタイプではBlack Rapidのものが一般的かと思いますが、あの無駄を省いたスタイルがどうしても好きになれず買い渋っていた時にこのストラップを見付けました。

まずはっきりいって高いので、自分は自作を考えました。サイズを調べて2本ベルトを買ってリベットで繋げればほぼ完成じゃんと思ったわけです。DIYで検索してみると、当時は結構な数の記事が見付かりました。今では下記に記載した2記事しか残っておらず、他の記事は著作権?の関係で公開停止とされたようです。

結論からいうと、自分はタイミング良く実入りがあったのでオリジナルを購入しました。実物のレザーは新品でも十分に柔らかく、使い込むほどに馴染んでいく感じがあります。170cmの身長でSmallサイズ、かつベルトを短めにしてちょうど良い長さです。
 
もしもう一本必要となることになれば、その時はDIYのつもりです。これを読んでくれている人の中にチャレンジャーがいれば、その際はリベットの状態を確認することや保険のテザー・フックを付けるなどカメラを落とさないよう自身の責任のもと気を付けて行なってください。
ちなみにレザーを使用していない低価格なCamera Swagというラインもあるので興味あればチェックしてみてください。最下部にアマゾンの商品リンクを貼っていますが、NYのB&HAdoramaから購入すれば結構な額を抑えられます。
同じコンセプトの物がETSYでは20000円以下で出品されています。
※こちらはHoldfastのものではありません。著作権云々はどうなってんだろうと疑問になりますが現時点では問題になっていないようです。

DIY

http://www.thephotoforum.com/threads/diy-leather-camera-harness.368425/

http://showit.co/business/gear/diy-leather-holster-camera-strap/