左手デバイス(CONTROLLERMATE&テンキー)

左手デバイス(CONTROLLERMATE&テンキー)

Controolermateは左側にページを作成し、右側に好みの設定を組んでいくという形。

Controolermateは左側にページを作成し、右側に好みの設定を組んでいくという形。

Safariブラウザのタブ送り、PS新規塗りつぶしレイヤー作成をボタン一つで。

※MBPの場合、内臓キーボードへの変更も可能となっています。元に戻せないということにもなり兼ねないので、変更を加える際はちゃんと対応デバイスのキーで[ON][OFF]の切り替えを確認してから行うようにしてください。

※確か、外部デバイスのキーをまとめてキルする機能があったのですが見付かりませんでした。ただ、これを行わないと元々のキーと当てはめたキーの2つが同時に行われることになるので自身で探してキルスイッチをオンにしてください。説明不足ですみません。

2つめのウィンドウは接続デバイス、対応させる機能のリストとなっていてここから好きなブロックをメインウィンドウへドラッグすることになります。

2つめのウィンドウは接続デバイス、対応させる機能のリストとなっていてここから好きなブロックをメインウィンドウへドラッグすることになります。

自分のはまだガッチリ組んでいませんがこんな具合になっています。対応するキーを押すと[OFF]の部分がリアルタイムで[ON]へ切り替わるので目で見て確認が出来ます。

自分のはまだガッチリ組んでいませんがこんな具合になっています。対応するキーを押すと[OFF]の部分がリアルタイムで[ON]へ切り替わるので目で見て確認が出来ます。

 

これと言って説明することがないので、こういったものもあるということの紹介で終わります。。自分は安上がりのテンキーを選びましたが、midiにも対応しているのでキーボード鍵盤にショートカットを当てはめることも出来ます。これは確認済みなので間違えありません。では。