CHROME NIKO PACK

カメラマンぽさが一切出ないストリート・バックパック/Chrome Niko Pack

CHROME NIKO PACK/バックパック

 
20170520__@Welcome Back12.jpg
 
 

ストリート寄りなデザイン

 見たままの通りですが、カメラマンぽさが一切ないデザインです。ベルトの両肩辺りにはフックを掛けられるようになっています。自分はカラビナや耳栓など細かい物を付けていて、いざという時に助かっています。
 前面のマジックテープにはスケボーデッキを挟むことが出来るようですが、三脚の脚を2本挟んで残り1本を外に出すような形で取り付けることが出来ます。

 上部気室にはグリップ付きフルサイズボディと小物が収納可

上部気室にはグリップ付きフルサイズボディと小物が収納可

 バックのサイズは幅28cm × 高さ45cm × マチ20cm、重量1170g/容量23Lとなっています。最下部スペースは70-200mmレンズを横向きに入れるとベストフィットです。
 写真はメイン気室にTamron 15-30mm、70-200mm、Nikon24-70mm、Nikon D810 + グリップ、Nikon D750 + グリップ、Nikon 35mm。上部気室にはGodox AD360ⅡとPB960。この量でちょうど良い収まりで、これにMBP 15"を入れるとギリギリ収まるといった塩梅です。上部気室にはNikon D810 + グリップと小物を入れることも出来ます。

 カメラバッグの本質を理解していれば問題ないのですが、いくらデザインが普段使用に向いてるとはいえやはりデカく感じます。自分はこのバッグをとてもお勧めしますが、実物を見ておくor出来るだけ動画などでサイズ感を確認して実物に慄かないようにお気を付けください。
 Nikoラインから5つ発売されていて、カメラ1台とレンズ2個ぐらいの場合には真ん中サイズのNiko Slingがお勧め。