20170315_上鶴間高校軽音部卒業ライブ@町田ACT_2948-2.jpg

Blogg

Blogg

Raid1≠Backup

 久々のBlog更新となってしまいました。その間に行なっていたことを書いて行こうと思います。ようやくパソコン周りが落ち着いたこともあり、データの管理について学んだことを少し書いておきます。

Raid1(ミラーリング)には最低でもHDD4台必要。

 さてさて、直球で本題に入ってしまいますが、Raid1はミラーリングとも呼ばれていますがバックアップではありません。つまりRaid1を組む為に2台、1台が故障した時にすぐ差し替える為に予備を1台、そしてバックアップ用に1台を準備する必要があります。僕はそのことに気付かずに思い切り勘違いをしたままRaid1を使い出していたのでかなり焦りました。その後にRaid関係の記事を調べてみるとRaid1のミラーリングをバックアップと勘違いしてる人も少なからずいるようなのでこんな内容を書いておこうと思ったわけであります。

 僕自身は一度Raid1で組んではみたものの勘違いに気付いた時点で使用用途が若干違うこともあり結局解除することにしました。そもそもRaid1の仕組みでもある2台のHDDを同期して使うというのは、最近流行り?のNASみたいに常に稼働し続ける上に複数ポイントからアクセスされるような環境を少しでも安定化させることを目的としています。どういうことかというと、2台のHDDを全く同じに走らせておけば1台が転んでもまだ1台は走り続けられるというその一瞬の為に考えられた仕組みだということです。

 念の為にバックアップにはならないという部分も説明をしておきます。Raid1は上記した通りに片方が故障する瞬間までは全く同じ動作をします(ミラーリング)この状態で例えばユーザーが間違えてデータを削除してしまった場合や、ウイルスにデータが弄られた場合でもその変更が2台のHDDに反映されてしまうのです。このように上記したように予測出来ない故障に対しては安心だけど、それ以外の部分においては別に対策が必要になるわけです。

 といった塩梅でありますので、僕のように勘違いをしたままRaid1を組んじゃわないようにお気をつけください☆
(僕はラッキーなことに早めに気付いたお陰で何も支障はなかったです。新しいものを導入する際には念入りになれということを学びました。)

 

hayato watanabeComment